Skip to content

遠赤外線ヒーターのメリットと上手な活用方法

遠赤外線ヒーターは、身体がしっかりあたたまる人気の暖房家電です。

遠赤外線の熱は、皮膚近くにある毛細血管を流れる血液などを通して身体の内部に伝えることで、身体の芯まで温めることができると言われています。この特徴を踏まえたメリットを把握して、上手に活用しましょう。遠赤外線ヒーターには、「即暖性の高さ」「空気を汚さない」「風の影響を受けない」という3つのメリットがあります。これは空気を暖めず、直接身体を暖める仕組みによるものです。即暖性の高さは、遠赤外線ヒーターの最大のメリットと言えます。

直接身体に熱を含めるため、ヒーターの熱が届く範囲にいれば、すぐに暖かさを感じることが可能です。そのため、洗面所・脱衣所などの長時間はいない場所で一時的に使用することができます。朝起きた時や外出先から帰った時など、部屋全体を暖めるには時間がかかる場合でも、ヒーターを使えば効果的です。遠赤外線ヒーターは、燃焼させずに光を使ってあたためるため空気を汚しません。

ガスや灯油を燃焼させるタイプの暖房器具は、二酸化炭素等を排出するので、状況によっては人体に有害なガスを発生する場合もあります。小さな赤ちゃんがいるなどできるだけ空気を汚したくない人にもおすすめの暖房器具といえるでしょう。また、電源さえ確保できれば風が吹いている場所でも使用できます。隙間風などにも影響を受けないのが特徴です。ただし広範囲を暖めることはできないので、空気を動かしながら部屋全体を暖めるエアコンやファンヒーターと併用するのが賢い使い方と言えます。比較的狭い場所やすぐに暖かくなりたい時、最適な遠赤外線ヒーターを上手に活用して快適に過ごしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *