Skip to content

遠赤外線ヒーターのメリットやデメリット

寒い冬に暖をとるアイテムとしては、エアコンをはじめとし、ストーブやこたつなど様々なアイテムがあります。

その一つに遠赤外線ヒーターが挙げられますが、遠赤外線ヒーターにはメリットもあればデメリットもあるのが事実です。遠赤外線ヒーターのメリットとして、まず第一に挙げられることは、体の芯まで温めることができるという点です。赤外線が直接温めるというわけではありませんが、体の表面が固まって、その温度が新まで伝わるので温めることにつながります。また即暖性があることもうれしいポイントで、特に冬の寒い朝は、できるだけ早く暖まりたいと思うものです。

遠赤外線ヒーターであれば、スイッチを入れると即暖かくなります。また持ち運びも可能であり、コンセントがある場所では、どこにでも持ち運んで使うことができるでしょう。ストーブなどの酸素を使って燃やすものであれば換気が必要となりますが、遠赤外線ヒーターの場合には、換気の必要もありません。エアコンやストーブなどの場合には、ファンやモーターなどによって音が発生することになりますが、音が発生することもなく静音性に優れています。

反対にデメリットとしてあげられることは、部屋全体を暖めることができないことです。散らばった場所に人がいる場合には不向きと言えるでしょう。一人で暖まりたい場合や、複数人でも密接するような場所で利用するのであれば便利です。またあまりにも近すぎると熱が中央に集中しすぎて低温やけどを起こす可能性があるので、使い方には十分な注意が必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *