Skip to content

遠赤外線ヒーターにはいろいろなメリットがあります

遠赤外線ヒーターは発熱体を利用したヒーターで、スイッチを入れると赤くなります。

部屋全体を暖めるというものではなく、ピンポイントで暖めることが特徴的です。遠赤外線ヒーターにはいろいろなメリットがあり、暖まるスピードが速かったり、本体価格が安いということがあげられます。暖かさの元になる発熱体の違いにより種類が分かれていて、熱効率性や遠赤外線の放出量や暖かさも異なります。遠赤外線ヒーターを利用することによって体の芯まで温めることが可能です。

赤外線が直接芯を温めるわけではなく、体の表面が温まるのでその温度が芯まで伝わることで温まる仕組みです。速暖性があるので、スイッチを入れるとすぐに暖かくなります。持ち運びが便利で、コンセントがあればいつでもどこにでも持ち運ぶことが可能です。換気の必要がなく、ストーブなど酸素を使って燃やすものは換気が必要になりますが、ヒーターなら必要ありません。

静音性があり、エアコンやストーブはファンやモーターによって音が出ますが、遠赤外線ヒーターを利用するとそれらがなく音が静かです。乾燥しないというメリットもあり、エアコンは部屋の空気を暖めるのでついつい乾燥しやすいですが、遠赤外線ヒーターの場合は遠赤外線になるので乾燥しません。夏場の扇風機のように手軽に利用できる暖房機器が欲しいなら、遠赤外線型のヒーターがおすすめです。いろいろな種類があるので、自分に合ったアイテムを選択することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *