Skip to content

遠赤外線ヒーターにはさまざまな種類があります

寒い冬に便利に利用できる暖房器具の一つに、遠赤外線ヒーターが挙げられます。

遠赤外線ヒーターには、種類や大きさが様々で、用途に合わせた商品を選ばなければ、暖めの効率が悪くなってしまい、電気代がかさむことにつながってしまいます。遠赤外線ヒーターには、どのような種類があるのかを把握しておくことが重要です。遠赤外線ヒーターの一つに、シーズヒーターが挙げられます。これはニクロム線を発熱体に採用したものを指し、絶縁体を金属のパイプで覆っている遠赤外線ヒーターです。

シーズヒーターの特徴としてあげられるものは、ほかの種類と比べた場合には、暖まるまでに時間がかかることです。しかし遠赤外線が多く放出される工夫がなされているため、体の芯からじっくりあたたまれるというメリットがあります。そしてカーボンヒーターと呼ばれるものです。発熱体の素材には炭素繊維が使われています。多くのエネルギーを赤外線領域に放射するため、ほかの種類と比べるとかなりの暖を取れるでしょう。これにより体の温め効率の良いヒーターと言えます。

空気を乾燥させることもないため、のどや肌にも安心です。値段も手ごろな商品が多いので、価格の面から選びたいという人にはお薦めの種類です。そして現在でも人気が衰えないものがハロゲンヒーターです。ハロゲンランプの放射熱により暖めるヒーターをさし、一番の魅力はスイッチを押せば1秒から2秒もすれば暖かくなるという点です。キッチンや洗面所などといった狭い場所で使いたいという場合にはお薦めと言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *