Skip to content

遠赤外線ヒーターと他の暖房を使い分けて暖かく節電

寒い冬を乗り切るのに欠かせない暖房器具ですが、どのように暖かくなるのかという仕組みは器具の種類によって異なります。

暖房器具の一つである遠赤外線ヒーターは、発熱体から放射される分子の振動による熱エネルギーを利用したものです。遠赤外線ヒーターは体の芯から暖まると言われますが、遠赤外線が体の芯まで届くわけではなく、体の表面で吸収されて熱に変わり血液などを通じて体全体に伝わるため、効率よく体の芯まで暖められるという仕組みです。遠赤外線ヒーターの最大の特徴は、すぐに暖かくなることです。

また、燃料を燃やさないので空気を汚さず、エアコンと異なり空気を乾燥させませんし、モーターがないので音が静かというのがメリットです。サイズにもよりますが軽量でコンパクトなものならコンセントがある場所であればどこでも使える便利さも持っています。

一方のデメリットとしては、部分的にはすぐ暖められるものの部屋全体を暖めるのには向かないことや、強い出力で長時間使うと電気代が高くなりやすいということがあります。そのため、遠赤外線ヒーターはエアコンやストーブで部屋が暖まるまでの間に手っ取り早く暖をとるためや、トイレや洗面所などの短時間使う場所での使用に適しています。また、エアコンをつけていても冷えやすい足元を暖める補助暖房としても有用です。うまく使い分けることでエアコンの設定温度を上げなくても快適に過ごすことが可能になるので、節約にも役立ちます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *