Skip to content

遠赤外線ヒーターの種類

電気ストーブの一種の遠赤外線ヒーターには、部屋の空気が乾燥しにくいなどの特徴があります。

部屋がすぐ暖まるところもポイントです。遠赤外線ヒーターにもカーボンヒーターやシーズヒーターなど様々な種類があります。カーボンヒーターはハロゲンヒーターの倍もの遠赤外線が放出されるため、より速く暖まります。なおカーボンは炭素のことです。このカーボンヒーターにはランニングコストを抑えられるメリットもあります。シーズヒーターと呼ばれるものもあります。これはニクロム体と呼ばれる合金を絶縁体でおおい金属管で包んだものです。

速暖性は高くありませんが、暖かさを感じやすいです。また耐久性が高いため長く使いたいという人に向いているでしょう。パネルヒーターも紹介します。専用のパネルからの輻射熱で暖めます。他の遠赤外線ヒーターと比べスリムです。インテリアと馴染むかもしれません。

注意することとして、限られた範囲をピンポイントで暖める時に使うものですから、広範囲を暖めたい場合は別のものを使うといいかもしれません。またパネルヒーターは部屋が暖まるまでに時間がかかります。一方、一度暖まればその熱が逃げにくいといったメリットもあります。最後にハロゲンヒーターを紹介しましょう。あまり広い範囲を暖めることはできませんが、速暖性が非常に高いです。スイッチを入れてからわずか1、2秒で発熱します。すぐ暖まりたいという場合に使用してください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *