Skip to content

遠赤外線ヒーターの需要性

暖房器具の遠赤外線ヒーターは発熱体を利用して当たった人を暖めるものです。

一般的には電化製品で電気ストーブとして扱われているものは、この遠赤外線ヒーターのことを指している場合が多いです。遠赤外線ヒーターには、いくつかメリットがあります。電気を使っているのでスイッチを入れるとすぐに暖かさを感じられる速暖性に優れています。赤外線によって体の表面が暖められてその熱が伝わり、体が芯から暖まるという利点もあります。石油ストーブ等は酸素を使って燃焼するので定期的な換気が欠かせませんが、そうした空気の入れ替えを行わずに使い続けられるのも寒い季節には嬉しい点です。

電気を使っているというメリットも大きく、コンセントが差せる場所であれば何処でも使えるのも便利です。このため、居間や台所、書斎やリビングなど必要な場所だけ暖められて無駄がありません。暖房といえばエアコンが主流でファンヒーターなどもありますが、それらの機器が少なからず作動音を発するのに対して遠赤外線ヒーターは静かです。

音楽を聞いている場合や子どもを寝かしつけている場合などに重宝します。また、エアコンなどは室内の空気を暖めるため乾燥しやすく風邪が流行っているシーズンなどは湿度に気を配る必要がありますが、遠赤外線の場合は体を直接暖めるのでその心配がありません。メリットが多い暖房器具ですが、遠赤外線ヒーターにもデメリットはあります。部屋の空気を暖めるわけではないので、何人かの人が室内に点在している場合の使用には不向きです。機器を近くに寄せすぎると低温やけどの恐れがあるのも注意したい点です。エアコンに比べて電気代が高めになる傾向があることも考慮に入れて使う必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *