Skip to content

遠赤外線ヒーターは様々な種類があります

最近注目されている遠赤外線ヒータ―は電気ストーブのひとつで、地球環境にも優しく空気を乾燥させずに早く温めてくれます。

遠赤外線ヒーターにはさまざまな種類があり特徴がありますので、使用目的や電気代などを考慮にして選ぶ事が大切なポイントです。カーボンヒーターは炭素繊維に通電をすることで遠赤外線を発して暖めてくれるタイプで、放出される遠赤外線がハロゲンヒーターの2倍あり即断性も強くランニングコストも抑えられますので、多くの遠赤外線ヒーターの中でも主流になっています。シーズヒーターはニクロム体という合金を包んだ発熱方式のため遠赤外線の放射量は多いのですが、暖かくるまでには少し時間がかかります。

ゆっくりと暖まる分だけ身体から暖かみが逃げていかないのが人気です。パネルヒーターはパネルからの熱で暖めるタイプで、デザイン的のもスリムで場所も取らずに部屋のインテリアにもなじみやすいです。デスク下などの狭い範囲を暖めるのには適していて電気料金を抑えたい人向きです。

最後にハロゲンヒーターはスイッチを入れてすぐに暖かくなるのが特徴ですが、電気の消費量が高く風呂場やトイレなどの長時間使用しない場所にはピッタリのヒーターです。このように遠赤外線ヒーターは種類が豊富でそれぞれの長所や短所がありますので、家の中での設置する場所や周辺の安全性をまずは考えて、それから利用目的や電気代なども参考にしてから種類を選ぶのが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *