Skip to content

遠赤外線ヒーターのメリットとは?

遠赤外線ヒーターは、体の芯まで温めてくれるというメリットがあります。

エアコンと違ってじっくり暖めてくれるので、手足もホカホカになるという特徴を持っています。他にもスイッチを入れればすぐに暖かくなるというメリットもあります。さらにコンセントがあればどこにでも持ち運ぶことができるので、洗面所で着替えをする時などにも活用することができます。

遠赤外線ヒーターは酸素を使って燃やしているストーブとは違うので、換気の必要がありません。暖かい空気をいつまでも維持させることができます。またエアコンやファンヒーターなどは稼働すると音が気になることもありますが、遠赤外線ヒーターは無音なので、静かに利用することができます。そして最大のメリットは空気が乾燥しないことなのではないでしょうか。

エアコンやストーブは空気が乾燥してしまうので加湿器などを使う必要がありますが、遠赤外線ヒーターは特に乾燥しないので、加湿器を使わなくても使用することができます。そんなさまざまなメリットがある遠赤外線ヒーターですが、何点か弱点があります。それは何かというと、部屋を暖めることができない点です。部屋全体を暖めることができないので、複数の人が部屋のあちこちにいると、全ての人を暖めることが難しいです。ソファなどでまとまって人がいる時に威力を発揮することができます。他にも弱点として、低温やけどの可能性があります。近すぎて使用すると低温やけどをしてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *