Skip to content

おすすめの遠赤外線ヒーター

遠赤外線は熱エネルギーにより出される電磁波の1つです。

全ての物質はこの遠赤外線を出しています。紫外線なども電磁波です。遠赤外線の波長は3~1000μm、赤外線の中でも長い方です。この波長域のものは、人の体を構成している分子の振動と合います。ゆえに分子の振動を増幅し熱エネルギーを生じさせます。表面部分の温度を高くする性質があるということです。反対に遠赤外線を吸収しやすい物質を熱すると、表面部分から遠赤外線が多量に出されます。

遠赤外線ヒーターはその現象を活用したものです。カーボンヒーターはハロゲンヒーターより遠赤外線を放射する効率が高いです。このため、主流になりつつあります。ハロゲンヒーターに関しては、ハロゲンランプの放射熱を生かしたものなんですが、遠赤外線だけでなく近赤外線や可視光線の放射量も多いです。暖房効率はカーボンヒーターより劣るかもしれません。なおハロゲンヒーターに扇風機型が多い理由はコストを抑制するためです。おすすめの遠赤外線ヒーターは色々ありますが、例えば広げると幅が105cmの長方形になる、手前に折り曲げコの字にすること膝元を囲んで温めることができる仕組みの遠赤外線ヒーターは安全性が高いです。

温度調節機能は強と弱の二段階なんですが、強でも消費電力は165Wだけで、長い間使ってもパネルが熱くなりません。安全性が高いということです。事務所などで足元が冷える際に補助器具として使うと良いかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *