Skip to content

遠赤外線ヒーターの利用方法とは

遠赤外線ヒーターというのは、遠赤外線を放射する発熱体を利用する暖房器具のことです。

遠赤外線は赤外線の一種で、照射された対象物に吸収され、それを暖める性質を持っています。このように書くと何か難しそうですが、実際には電気ストーブとか電気ヒーターと呼ばれるものは結局のところ原理的には遠赤外線ヒーターであるものが多く、よく見かけられるものです。ただし電気を使ってはいてもオイルファンヒーターのように遠赤外線の効果を利用しないものもあります。

見た目としては、電熱器のようにオレンジ色に発光する発熱体が前面にあるものと考えればまず間違いはありません。この遠赤外線ヒーターの特徴は、照射された対象物、つまりは人間の体を直接的に温めることにあります。ガスファンヒーターにしてもオイルファンヒーターにしても、まずは何らかの形で機器内部で加熱し、それによって周囲の空気を暖め、暖かくなった空気を部屋に循環させることで温める方式です。

これに対して遠赤外線ヒーターの場合は空気を暖める訳ではありません。また、発熱体が赤く光りますのでいかにも何かが燃えているようにも見えるのですが、実際には燃焼は起きていません。そのため部屋の空気を汚すこともないのが特徴です。ただ、燃焼は起きていないとは言っても発熱体の温度はかなり高いことは事実で、間違って触ると火傷するでしょうし、燃えやすいものを近づけると発火して火事になることはありますから注意は必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *