Skip to content

他の暖房器具にない遠赤外線ヒーターのメリット

遠赤外線ヒーターには、他の暖房器具にないメリットがあります。

まず、ガスなどを燃焼させて熱を発生させる訳ではありませんから室内の空気を汚しません。一酸化炭素中毒などを警戒して定期的に換気することは不要です。また、室内の空気を暖める訳ではないことから、室温上昇に伴う湿度の低下、つまり乾燥も抑えられます。光熱費については一概には言えないところもありますが、ピンポイント的に暖まりたいような場合には、室内全体を暖める他のタイプの暖房器具よりも光熱費が抑えられることが多いでしょう。

一方で、遠赤外線ヒーターには部屋全体を暖めるような力はないことから、メインの暖房器具として使うにはちょっと不安要素もあり、補助的に使うのが適しているかもしれません。また、遠赤外線ヒーターはガスなどを燃焼させる訳ではないことから確かに火は使いませんが、発熱部はあり、温度的にも数百度にはなっています。

見た目的にも赤く発熱していることから分かるでしょうし、もちろん直接発熱部に手指が触れて火傷することがないような構造にはなっていますが、燃えやすいものをヒーターに近づけると発火することは十分にあります。火を使わないこと、またファンなど可動部もあまりないことから静かなこともあってうっかりしがちですが、一歩間違えれば火災になる危険性はあるということは認識しておきましょう。就寝時などには原則使うべきではなく、その点ではガスストーブや石油ストーブなどと大差はありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *