Skip to content

遠赤外線ヒーターを上手く利用して寒さを防ごう

エアコンは部屋全体を温める効果はありますが、厳冬期の底冷えするときには自分の身体が温まるまでに時間がかかるときがあります。

エアコンの温風が届かないトイレや脱衣所などでは寒さをいっそう感じます。そんなときにありがたいのが遠赤外線ヒーターです。遠赤外線ヒーターと聞いて、少し古さを感じる人もいるかもしれません。しかし最近の技術力の進歩により従来の商品よりも高性能化しており、予想よりも大きな働きをしてくれます。各メーカーから数多くの商品が発売されているので、それぞれの特徴を知ったうえで使い分けるのが良いでしょう。

さらに遠赤外線ヒーターは石油などの燃料を燃やして熱を発生させるわけではなく、空気を汚さないので換気の必要はありません。さらに速暖性に優れているので、スイッチを入れただけで発熱して身体を温めることが可能です。朝ベッドから出るときに足元だけをピンポイントで温めることもできます。そして遠赤外線ヒーターは発熱体の種類によっても違いがあります。

少しでも広い範囲を温めたいなら、遠赤外線放射量が多いカーボンヒーターがおすすめです。発熱体に炭素化合物を採用しているので、昔からあるハロゲンヒーターよりも2倍の暖房効果が期待できます。しかも比較的ランニングコストも抑えられるのが魅力です。さらに金属管を発熱体とするグラファイトヒーターやシーズヒーターはもっと多くの遠赤外線を放射できることから、上位機種となっています。それぞれに温度調節機能や首振り機能などが搭載されているタイプもあるので、好みに応じて選びましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *