Skip to content

遠赤外線ヒーターの仕組みとは

遠赤外線ヒーターというのは、物に吸収されて暖める効果の高い赤外線の一種である遠赤外線を放射する暖房器具です。

遠赤外線を放射する発熱体によって、シーズヒーターやカーボンヒーターなどに細分化されています。今はあまり見かけなくなったかもしれませんがこたつも一種の遠赤外線ヒーターですし、パンを焼いたりするオーブントースターも、暖房器具ではありませんが原理は同じです。遠赤外線ヒーターの特徴として、スイッチを入れた直後から暖まり、また体の芯から暖まるということが良く言われます。

スイッチを入れた直後から暖まるというのは、遠赤外線は一種の光ですから、その照射を受ければすぐに熱として吸収されて暖かく感じるからです。発熱体が赤く光り、また見た目でも感じるとおり相当に高温になっていますので、いかにもそれによって周囲の空気が加熱されることで暖かくなるように思えるかもしれませんが、確かにその効果も多少はあるもののメインではありません。

あくまでも遠赤外線という光の照射を受けた物が直接暖まるのであって、途中の空気は光を吸収しませんから暖まりませんし、そうであっても特に問題はないのです。なお、体の芯から暖まるというのは一種の俗説で、遠赤外線は皮膚表面付近で吸収されてしまいますし、もちろん衣服でもある程度吸収されています。周囲の空気が別に暖かくないのに体は暖かく感じるためにいかにも芯から暖まっているかのように感じることは間違いないでしょうが、決して内蔵から先に暖められている訳ではありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *