APIsを取得してGoogleMapsを便利に使う

  • APIsを取得してGoogleMapsを便利に使う

    • 各ショップやレストラン、またブログなどでも特定の場所を表示する方法として、ただ住所だけを記載するよりも、GoogleMapsを表示させる方がとても分かりやすくなります。

      Google Maps APIsの情報検索ができます。

      GoogleMapsは色々な使い方が出来ますし、今とても注目されています。

      スマホからでもアクセスできますし、もちろんパソコンからでもできます。


      さらに、ストリートビューなどの機能があったり、世界旅行をしているかのような画像を読み込んでいったりと、楽しみ方も幅が広いです。

      そんなGoogleMapsですが、APIs機能で特定の場所を表示させることも出来ます。

      APIsを使う時にはキーを取得することから始めます。

      この方法はとても簡単ですが、サイトなどで掲載されていますのでその流れに沿ってキー取得をして、それを張りつけるという事で、特定の場所を掲載した地図を自分の掲載したい所に張り付けることが出来ます。


      ここに行ったよといったブログでの報告もできますし、もちろん自営業の方が自分の会社の場所を表示したり、レストランの場所をのせたいと言った時にも使うことが出来て大変便利です。



      多くの方が使っているAPIsの機能は、簡単に使いこなすことが出来ますので1度試してみると良いでしょう。グーグルのアカウントを持っていないと使うことが出来ませんので、まずはアカウントを取得することから始めていきます。



      グーグルの機能はそのほかにも多数ありますし、まずはアカウントを取ってみましょう。